正社員とフリーランスそれぞれの不安

IT系エンジニアとして働く際、企業に雇われた正社員であるのか、それとも外注を受けたフリーランスであるのかで、それにまつわる心情や情動には大きな違いが生じます。
例えば、正社員の場合は会社から割り振られる仕事で自分のスキル伸長を図れることに喜びが感じられる一方、フリーランスの場合は営業努力に比例して上がっていく収入にやりがいが感じられるといったように、同じIT系エンジニアの仕事をこなしていても、それに携わる気持ちやモチベーションを感じる場所には少なからず相違があります。

それは不安に関しても同様です。IT企業においては、様々な働き方ができるようダイバーシティ化が進められてきていますが、それでも会社の就労規則に縛られ、人間関係の調整を強いられる面が多々あります。仕事が保証されている反面、企業という枠組みに収まる必要を強いられるため、そうした面から不安を生じさせてしまう人は少なからずいます。

他方、フリーランスはより自由な働き方ができる一方で、仕事が保証されていないという点が不安の大部分を占めることになります。どれだけ高度なスキルを有していても、仕事を得るための営業活動が成功しなければ、フリーランスとしてはやってはいけません。
正社員からフリーランスに転向する際、仕事を得るに当たって企業の人脈を活用できたり、知人から仕事を受注できるだけの見通しが無ければ、職が獲得できるかどうかの不安は常に付きまとうことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です